三人麻雀のページ

麻雀

もう一つの趣味である麻雀について、暇な時に書いていきます。更新はのんびりなので過度な期待は禁物!

麻雀関連ページへのリンク

三人麻雀(三人打ち麻雀)とは?

三人打ち麻雀(三人麻雀、三麻)は読んで字のごとく、3人でやる麻雀です。1人少ないぶん、順番が回ってくるのが早く、テンポが違います。

萬子の2から8を使わないのは共通ルールですね。あと、チーが出来ないです。牌が少ないため4人打ちに比べて牌効率が高く、早く高い手が作れます。

 

麻雀の三人打ち(サンマ、三人麻雀)は腕の差がでるとよく言われます。
僕は30年以上麻雀やってますが、結論としては同じですね。4人打ちで強い人は3人でも強いです。3人打ちは運のゲームだとも言われますが、それも違う。結局は腕です。

ただ、違いがあるとすれば、4人打ちは牌を処理する技術が重要ですが、3人打ちはそれに比べて心理戦の部分が大きい。今流行りの言葉で言うとメンタルの強さですね。メンタルが弱いと4人打ち以上に勝てません。

さてさて、神戸人にとっては普通だったりする三人打ちですが全国的にはマイナーです。
そこで三人打ちの普及を願って、ルールから必勝法までまとめてみることにします。

まず、面白いの?ってことについては
「四人打ちより面白いよ!」
と答えますね。
同じ麻雀牌使ってますが、全く別のゲームです。同じ感覚でやると絶対勝てません。必要とする基本は同じです。ただ、コツがあります。
四人打ちでそこそこ強い若者がサンマではボコボコに負けてる姿を見ます。
「下手なオッサンがツキだけで勝つのが面白くない!」
と言ってますが、単に勝ち方が分かってないだけなんですよね。

サンマは腕です!しかも麻雀の腕とギャンブルの腕が両方問われる奥が深いゲームなのです。

四人打ちに慣れた人は是非三人打ちにもチャレンジしてみませんか?大阪か神戸なら一緒に打てるかも?

 

フリーは怖いって人もいるでしょう。
どこでやるかですが、関西圏では普通にフリー雀荘探せば、半分はサンマの店です。
僕は神戸のフリーで麻雀してます。

少なくとも神戸駅~三ノ宮駅の間にはややこしい店はないので安心してください。

レートはさまざまですが、点5か点1が中心。1-1-1とか看板に書いてありますが、コレは点1の馬1000円の飛び1000円という意味。飛んで6000円。点5ならその半分です。
点5なら一万円持って行けばそこそこ遊べますよ。

ゲームセンター感覚の綺麗な店も増えたので、三人打ちを始める人が増えるのを願ってます。