ウーバーイーツ配達員は怖い目にあうのか?

コラム・雑記

※この記事は配達員向けです。
注文するときに怖いという方はこちらの記事(ウーバーイーツで頼むのがちょっと怖い人へ、安心な方法)を御覧ください。

こんにちは。今日は雑談的な。

ブログにサーチコンソール入れてるんですね。どんなキーワードで訪問してもらったか調べてくれるやつ。
たまに分析?見るだけだけだから分析でもないか、、見てます。

普通に <ウーバーイーツ神戸>

ってキーワードが多いんですが、他にも気になるキーワードが。

<ウーバーイーツ 怖い>

なんだこれは??と思ったんですが、そこそこの頻度で検索されてる。

 

考えたんですが、注文するときに『怖い』って感じている可能性と
配達員として『怖い』と思っている可能性と両方ありますよね。

 

今日は配達員として怖いと思ったことがあるかどうか、体験談を書いてみます。

 

結論

結論的には

怖い経験をしたことはないですね。

300回程度配達していますが、怖いといえばこんなことくらいです。

事例

1.超青白いオジサンが出て来た。

青白いオジサン。。。ご飯食べてんのかよ。ってオジサンがケンタッキーを一本だけ注文。

多分クーポンを使って無料でゲットしたと思われます。

マンション(っていうかアパート)が新開地のいわゆる繁華街にあったものだから良からぬ想像をしてしまった・・・

渡して買えるだけだから平気でしたが、配達員が若い女性とかならちょっと気持ち悪いかもしれませんでした。

 

2.料理が足りなくてキレる客

丼ものとお味噌汁をオーダーされたのですが、お味噌汁が入ってませんでした。

配達員は梱包されていたらある程度しか中身がわからないですし、完全にお店側のミスです。

ただ、お客様にとっては配達員とレストランは一体ですので、(なんならお店の人が持ってきてるくらいに思っていますので)
怒りがこちらに向かうこともあります。

そういうときは淡々とサポートセンターに連絡をしたらサポートセンターの方で対処してもらえますのでそうしましょう。

それで良いのですが、いきなり怒られたらちょっと怖いですね。

 

でもこれくらいです。

それよりも事故のほうがよっぽど怖いです。実際に怪我するわけだし、金銭的なダメージもでかい。
僕も2,3回ヒヤリ・ハットがありました。ボーッとしていて前方不注意が原因です。

お客様の怖さより、こっちです。

配達員はとにかく運転している時間が長いですから、事故にだけは気を付けましょう。

 

もしかしたら、若い女性とかだと、変わったお客様に声を掛けられたりなんてこともあるかもしれないので、
それは怖いですね。

不穏な空気があれば料理をお渡ししてすぐに逃げましょう。
そしてお客様も登録していますので、なにかあったら至急サポートセンターに報告しましょう。

ただ、僕の経験上、そして周りの配達員から聞く限り神戸のお客様はむしろ『とてもいい人』が多いです。
ウーバーをたのむ層っていうのもある程度アッパー層が多いので、安心して働けると思います。

招待コード

もしよかったら一緒に配達パートナーとして仕事しませんか?

下記のリンクを使って登録してくだされば、僕に少しの特典があります。前は紹介された方にも特典がありましたが、すみません。今はそれ、ないみたいです。ブログ読んでいただいて役に立ったなと思われたら、応援の気持ちで押してやってください。

Sign up to drive with Uber
Sign up to drive with Uber

または登録時に招待コード【7w4inj】を入力いただいても大丈夫です。

コメント